チカチカのゴルフオイオイ話

東京のおばちゃんがゴルフにまつわるオイオイな話を綴ります。海も好き。温泉も好き。

ラウンド日記 ー藤ヶ谷カントリークラブ(2021年9月)

f:id:chikaxchika:20211002195028j:plain

2021年9月

こんばんは!

日本女子オープンゴルフ選手権、2日目が台風で中止になり、最終日が10/6(月)となりましたね。こちら、主催がJGAこと日本ゴルフ協会のため、JLPGAのホームページには情報がなくてJGAのホームページを確認なのですね。2日目を終えて首位は西村優菜プロ。2週連続で優勝しているので3週連続優勝に期待がかかっています。どうなるのか楽しみです。

 

9月の名門ラウンドは藤ヶ谷カントリークラブ。

こちら、通算11回目の訪問。ゴルフ好きな大学院の先輩がメンバーであるご縁で時々お邪魔している。ワタシにとっては難しいコースでいつも苦戦しているのだが個人的には好きなコース。

 

2021年6月訪問時10回目の記録はよろしければこちらを

www.chikachika.tokyo

 

藤ヶ谷カントリー

藤ヶ谷カントリーは、常磐道柏インターから約13㎞、所要時間は柏ICより25分となっていて東京から近いが、曜日や時間帯によって16号線が渋滞するため、到着時間に余裕を持っておいたほうが良い。

クラブバスも朝2本あり、JR常磐線柏駅東口駅前ロータリーから発着。

 

こちら京成電鉄が当初「京成藤ヶ谷パブリック」として開場後、個人中心の株主会員制クラブへ移行。基本的にメンバーのみのクラブなので、会員数も1000人以下でメンバーの質の高さに定評があるとの事。会員の年齢層も高めで全体的に落ち着いた雰囲気。

名前の通り、春にはスタートホールにある藤棚に藤の花が咲いて美しい。

練習場も充実していて、240yのドライビングレンジ17打席、アプローチ、バンカー練習場もあり。

グリーンはベントとコーライの2グリーン。この日はベントだった。

基本すべてキャディ付きの5人乗用カートでのプレーとなっている。こちらのキャディさんはとても感じが良いしボールもよく見ていてくれて、こちらにお邪魔した時はほとんどボールを失くすことはないし、グリーンの読みも的確だと思う。

 

この日のプレー

台風が近づいている予報で雨かと思いきや、朝から晴天だった。ただ、午後遅めからは雨が降るかもしれないという予報だったので、一応レインウェア持参。

当初INスタート予定だったが、少し詰まっているとの事で直前にOUTスタートに変更。

f:id:chikaxchika:20211002195032j:plain

Outスタート

藤ヶ谷CCは、OUTもINも、スタートはPar5からで、ワタシはいつも苦労する。

No1.ティーショットはまあまあ普通だったが、セカンド4Uを右ラフに曲げ、3打目5Wもまた右のラフ。4打目トップしてガードバンカー、5打目出すだけで6オン2パット。

トリプルの+3スタートとなった。(相変わらず・・・・)

No.2からNo.4までばボギーで耐え、No.5は3打目のアプローチが数ヤード足らず。結果4オン更に2パットでダボ。

この日はこの、アプローチがちょっと足らずそのあと寄せワンが取れなくてダボになったのがNo.8、No9.と続いてしまった。

パーなし、ボギー5個、ダボ3個、+3が1個。

Out50(15)

f:id:chikaxchika:20211002195037j:plain

INスタート 木の右?左?どっちを狙う?

お昼をはさんで後半、No10またスタートホールで+3。

これもティーショットを右ラフに入れてしまい、そこから右ラフとバンカーにはまる朝と同じパターン。学習していない自分にげんなり・・・・(-_-)

No.11からNo.13まではボギー、No.14でこの日初パー。Par4.でとれると非常にうれしい!

だがNo.15のPar3ボギーの次に大波はやってきた。No.16は短いがアップダウンがキツイホールなのでティーショットをフェアウェイに打つことと、2打目がかなりの打ち上げになるので、2打目を打つ方向が重要なのだが、ティーショットを右ラフに入れた上に、2打目を大失敗。谷の上左の木の右方向と言われているのに、目指す木より全然左の林方向に行ってしまった。一瞬OBが頭をよぎる・・・

球は残っていたけど林の中、落ちている枝の下で、3打目はもとの坂道に出すだけ。そこから4打目まだ打ち上げで70Yくらい打ったつもりがグリーン届かず。5オンで2パット。+3。

この日2回目の+3。がぜん100切りが危うい。

残り2ホールはいつも苦戦するホール。この時点で+10だったのでダボ2回だとまた50で100になってしまう。そしてNo.8で会心のティーショットを打ったのに、セカンドが力んでダフってしまい、ダボ。(やばい!!)

最終ホールを何とかボギーで上がればギリギリ99。

緊張のティーショットはうまくいき、セカンドに迷う。まだ残り170y。

ミスが多い5Wを持つか4Uでバンカーに入らないようにグリーン手前まで打つか。

失敗してもいいやと思い切って5Wを打ったら上出来。花道左脇のラフまで行った。3オン2パットのボギー。

パー1個、ボギー5個、ダボ1個、+3が2個

49(16)

Out 50(15)ーIn 49(16)ーTotal 99(31)

なんとかギリギリ100免れた。。。。

終わるころに雨雲が発生したが、ラウンド中は降られずに済んだのもラッキー。

反省

この日ワタシ以外は男性のお上手な諸先輩方。

「ティーショットはかなり良くなったね」

「今日はアプローチがちょっと短かかったね。あれ寄せワンとれるようになればあと5打くらいは縮まるね」とアドバイスをいただく。

今回のメンバーは5年位前からご一緒していただいている方々なので、一応ワタシの努力ぶりについては認識してもらっているのだ。(思えば初めて藤ヶ谷にお邪魔したときは110以上叩いていて酷かったのだ・・・)

確かにこの日はアプローチがちょっと短かった。数ヤード足りないっていうのが何度もあった。そこで寄せワンとれないのがスコアに効いてくる。

また、失敗が怖くて最後まで振りきれないFW。結果ダフってゴロ。

もうそろそろ、初心者のようなこんなミスから脱却したい、そんな気持ちがあればあるほど、情けない失敗を繰り返すのもまたゴルフ。

強い気持ちを持つことも大事なのだなーと思った。

 

本日の教訓

最後まで諦めず、逃げずに最後まで振り抜く事。

諦めたら試合終了だって安西先生も言っているし、逃げちゃだめだって碇シンジ君も言っている。

 

ではでは

 

(本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました)

PVアクセスランキング にほんブログ村