チカチカのゴルフオイオイ話

東京のおばちゃんゴルファーがゴルフにまつわるオイオイな話を綴ります。海も好き。温泉も好き。

4月のレッスン ーおばちゃんゴルファーのインパクト強化とパター練習

f:id:chikaxchika:20220408191343j:plain

Lesson in April

マスターズ終わりました。

松山英樹プロ、2連覇ならずとも、首を痛めながら最後まで出場したのはすごいと思います。タイガーウッズプロも、歩く姿が痛々しかったけれど、迫力あるプレーでした。最終日の勝負服の「赤」が、今年はついにモックネックになっていたのが妙に気になりました。

 

そして女子ツアーは、上田桃子プロの優勝おめでとうございます。いやーカッコよかったです。鈴木愛プロも復調の兆しだし、若手もベテランも見ていて毎週楽しいです。

 

4月のレッスン課題

3月のゴルフ合宿以降、今後のレッスンテーマや強化ポイントについてコーチと話し合いながら、中期(1年)での目標について決めている。

 

1月から冬のレッスン課題についてはこちら

www.chikachika.tokyo

 

目標 足腰を使ったスイングづくりでインパクト強化

今年2022年の目標は、足腰を使ったスイングを確立させてインパクトを強化していくことに注力していきましょうという話になった。

手で打つのではなくて、足腰でボールを打つ。

これは長い間取り組んでいるものの、なかなか身につかない。

頭ではわかっているんだけど。。。できない。

しかも年々弱っていく筋力とも戦わねば。

疲れてくるとつい腕でクラブを振ってしまう。女性によくある、カラダがふらついて、ゴルフクラブが振れなくなり、後半になると合わせてしまうようなスイングになるのだ。

そうなると、いつまでたっても飛距離もでないし、球が弱い。

チェックポイントは、「音」と、フォロースルー。

 

クラブを足腰で振っていくように変えていくために、レッスンでいつも使用しているのがこちら。

f:id:chikaxchika:20220408191347j:plain

練習器具

雑誌などでもよく見かけるし、こちらのスクールでもよく使っている。
はじめは片手ずつ素振りし、両手で素振り。

足腰を使って、重さを感じて振り抜く練習。はじめはゆっくり、次第にスピードアップ。

ご参考までに実際の商品は下のこちら

 

家に欲しいんだけど、せまいわが家では、これ振れないので買えないのが残念。

広いおうちが羨ましい・・・。

 

目標その2 パターを1ラウンド30回以下に

せっかくショットが良い日に限って、パターのタッチが合わないってよくある。

なので時々、レッスンでパターを見てもらうようにしている。

レッスンスタジオにもパター用練習エリアがあるので、このような場所で見てもらう。

f:id:chikaxchika:20220408191350j:plain

パター練習

写真ちょっとわかりづらいけど、黒い壁の近くに1か所、写っていないが手前にもう1か所カップがある。そして地味に若干曲がるようになっている。

なぜかなかなか入らない。

その時にこんな練習器具を使う事もある。実物写真撮り忘れたので以下ご参考まで。

 

使うのは、主に上の写真でいうと「トゥループレーン」のほう。テークバックでまっすぐひくというのは実際はヘッドは水平に動いているのではないんですよ、と確認。

さらに、メトロノームを使いながらテークバックとフォローの速さと強さと一定にする練習をしている。

この一定のリズムと一定のインパクトがなかなか身につかない。

 

家では、昨年買ったこちらでも練習。

www.chikachika.tokyo

トラスパター君に変えてから、良い時は30くらいなんだが、難しいコースとかに行ってしまうとすぐに36オーバー。

 

日々練習するしかない。

今年はラウンドの数よりも練習の数を増やそうと思っている。特にスイングを修正している時にラウンドに行ってしまうと、せっかく修正中なのに、そのことを忘れて元に戻ってしまう事がよくあるからだ。

そして修業はまだまだ続く。

平常心で日々継続。

 

今日も頭の中では「なんどでもなんどでも・・・」と歌うのであった。

 

ではでは。

(本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました)

 

ウェア選びも楽しい季節になりました

 

ゴルフ場予約はお早めに

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
© 2020-2022 chikachika.tokyo