チカチカのゴルフオイオイ話

東京のおばちゃんがゴルフにまつわるオイオイな話を綴ります

ゴルフオイオイ日記 -某ゴルフ場の薄暮が辛かった話

f:id:chikaxchika:20201010154539j:plain

薄暮のはずがナイターで泣いたー?


お疲れ様です、チカチカです。

 

だいぶ涼しくなったと思ったら、台風が来たりして、予定もままならない。

今日はゴルフの予定だったが、昨夕中止が決定し、宅急便で送っていたキャディバッグはそのまま戻ってくることになってしまった。

 

先日、某ゴルフ場の薄暮に行ったらオイオイな目に遭ったので、記録しておこうと思う。

 

そのゴルフ場のメンバーさんが誘ってくれ、ワタシは初めてのゴルフ場で、薄暮とはいえ18H回る前提だった。ゴルフ場に早めに到着して、練習場が充実しているというので、レンジ、アプローチにパターとしっかり練習しようという話だった。

 

この日は雨混じりの天気で、ゴルフ場に到着しチェックインしようとしたら、フロントの方(ベテラン風の女性)が、

「あー今日、遅れてますよ。月例で。予約は?14時すぎですか。早くても15時くらいです」

表情一つ変えずにそう言う。

メンバーさんが

「それで、何時にスタートできるんですか?」

フロントの方「マスター室に聞かないと。ええと、遅れると電話行ってません?」

メンバーさん「きてません」

フロントの方「・・・それで、どうしますか?チェックインしますか?先会計になりますが」

 

なんだか変な感じだった。(はっきり言うと感じ悪い)

やめて帰って欲しい感がプンプンする。

でも、そんな予約時間から1時間もスタート出来ないってあるんだろうか?

なんだか変だ。

 

天気もいまいちだったしどうしたものかと思ったが、せっかく行ったんだし、そこはナイター設備もあるので暗くなっても最後まで出来ると聞いたので、チェックインして練習場へ。

 

練習場は確かに広くて、レンジで1箱分ゆっくり練習。その後アプローチ、バンカーも広いので、かれこれ1時間以上練習できた。

 

本来の予約時間14時より前にキャディマスター室へ再度確認に行く。

メンバーさんも若干イライラ気味。

どうも、マスター室の方の回答も曖昧で、いったい何時にスタートできるのかわからない。

 

天気もだんだん悪くなってきた。小雨が混じる。

 

マスター室に近いパター練習場へ行きパター練習も”ゆっくり”やって、本来のスタート時間から30分以上すぎても、まだまだ前に何台もカートが待っている。

 

これ、スタートできんのかな?

 

更に、ワタシたちより後と思われる人たちも次々とやってきてマスター室と押し問答になりはじめた。

 

「責任者を呼んで来い!」

荒々しい声も聞こえる。たしかに、予約した時間を1時間以上遅れていつスタートできるのかどうかわからない、アナウンスもない、怒るのも無理はない。

多分ワタシも、メンバーさんがいなかったら、怒っていたと思う。

 

結局、ワタシ達がスタートできたのは、予約時間から90分以上もたった、夕方16時ちょっと前だった。

 

これって、ナイターだよね。。。

 

3ホール目からもう、暗くなった。

途中、パー3のホールでは3台カートが待ってて、パー5の見通しの悪いホールでは、5台くらいカートが待っていた。

 

時間ばかりがどんどん過ぎて、みんな無言の時間が長くなる。

やがてメンバーさんも私も、イライラや怒りを通り越して、笑いしか出なかった。

 

「いや、一番おかしかったのは何といってもフロントのおばちゃんの対応だったよね。何言ってんだか意味不明だったよね。」

「申し訳ありませんとか、ひとこともなかったでしょ。」

「”あなたたちやるんですか?かえらないんですか?”って感じだったよね。」

「うんうん、ホント、笑えるーー。」

 

淡々とラウンドする。

暗いからボールはラフに入ったらもう見つからないし。

そして、7ホール目くらいから、雨が降り出した。

しかも、寒い。

 

「いやいや、さむいわー。さむいの意味いっぱいあるしね」

笑いながらみんな震える。(真面目に寒い)

 

ようやく前半の最終、9番ホールでそれは起きた。

全員がティーショットを打った後、カート道路に近いラフに入ったワタシがカートを運転し、ほかの人は逆サイドに行ったボールの方向へ歩いた。

ワタシが2打目を打ってカートを動かそうとしたら・・・

 

動かない。

みんながカートに戻ってきて、オンオフを繰り返しても、

何をしてもうんともすんとも言わない。

カート停止!

 

マスター室へ連絡し、代わりのカートが来るまで待たされる。

結局、充電切れ?

確かに、ワタシ達のカートは、ほかの人のラウンド終了後すぐに使っているのを目撃したから、1日で2ラウンド使う事になるが、そんなにすぐ充電って切れるものなのか。

9番ホールでだいぶ時間を食ってしまい、マスター室へ戻ったときには、時刻はもう19時近かった。

雨がかなり強く降っていた。

 

「ハーフでやめよっか。。。。」

ついにメンバーさんがこう切り出した。

「もう19時だしね。雨強くなったしね」

 

こんなに混んでて、残りハーフ終わったら・・・

22時とか?家に帰ったら深夜?それも笑えるけど・・・疲れるよね・・

 

このカートが止まったっていうことは、やめるっていうサインだったのかも。

「前半終わる直前でカート停止は、トドメだったー」

「うん、最後まで笑える・・・」

「前半ゴールまであともうちょっと、ってところだったのにーーー」

みんな笑おうとしてるけど、でも、目は笑ってなかったかも・・

 

こうして、ハーフでギブアップし、雨で冷えた体をシャワーでほんのちょっとだけ温め、急いで帰路に着いた。

 

メンバーさんには大変気を遣っていただいたので申し訳ないが、あまりにも辛い薄暮だった。そして、ゴルフ場の印象を左右するのは、フロントの方の対応が大きいというのを改めて感じた次第であった。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村